FC2ブログ

Pandaemonium

PC酒場『Lucifer's Hammer 』の営業日誌                 

<<なんだかなぁ  | ホーム | 7月14日の営業日誌>>

道案内 

2005.07.18

酒場でグラスを拭いているとルークから連絡が入る。
ラボに来て欲しいというから何事かと急いで駆けつける。
ルークの隣に女性が立っていた。
「こんばんわー」と挨拶をされる。
酒場で何度か話したことがあるリコリス嬢、その人だった。
なんでも徳の神殿を巡礼していて、ジャスティス神殿までの道案内が欲しいそうだ。
ルークは手が離せないという雰囲気をかもしだして、
俺に道案内をしてあげて欲しいと言ってきた。
さすがルーク。頼むヤツの選択は正しいぞ。
伊達にミルク匂を漂わせてないな、と思いながら引き受ける。

リコリス嬢を護衛しつつアテナ姫から教えてもらった
「ダウジング」によりフガフガ言いながら進む。
途中、蟻の集団に襲われて死亡するも、
リコリス嬢が無事だったのでNP。
ヘルプに駆けつけたサバスが「魔王弱い」と言い放つ。
アホか。リコリス嬢に介抱されたくて、
「わざと」死んだのになー。悪魔心をわからんやつだ。
心配だからと護衛をかってでたサバスルークを従え、
無事神殿に到着。ここで彼らとは別れる。
お参りを終え、Yewの街まで引き続きリコリス嬢を護衛する。
途中、酒場に寄ったりウィスプとじゃれあったり、
フガフガ言いながらも、なんとかエンパスアビーに無事到着。
お礼出来るようなものが無いと言うので
「ほっぺにちゅーでいいよ」と言おうとしたら、
先にパイを渡されて凹む。
もうちょい早く言えばよかったと後悔。いや、大後悔。
「ほんとうにありがとう」と笑顔で立ち去るリコリス嬢を見送る。
俺は誰も見ていないのを確認すると、パイを丸呑みした。
リコリス嬢もこんな味なんだな、きっと。

コメント

案内ご苦労さん♪ 

さんくすねー♪ 

ミルク匂は余計だw

…ところで酒場でグラス拭いてたんじゃなくて…ふがふが。←口をふさがれた

はぅ 

言ったら「おしおき」しますから!

じゃー 

こっそり紙に書いて教えて貰おう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lsh.blog14.fc2.com/tb.php/24-c5387ebb

 | HOME | 

Counter

Calendar
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リラックマ

Link
Search
RSS