FC2ブログ

Pandaemonium

PC酒場『Lucifer's Hammer 』の営業日誌                 

<<【死の天使】 アズラエル   | ホーム | 10月20日の営業日誌>>

【死の天使】 アズラエル  

2005.10.24

古き友人の一人、アズラエル。
彼女が持つ「リスト」には、生物の生死が刻まれてるという。
もっとも知性の高い人間が殆どで、
犬や猫のような動物まで書き込まれているわけでは無いらしいが。
彼女は時々ふらっと隠れ家に来ると他愛も無いことを話し、
「微笑」と共に帰っていく。
俺のよき理解者にして相談相手であり、
親しみを込めて「アズ」と呼ばせてもらっている。
ルークから「ルシファーに恋人ができた」と聞いたらしく
「是非、会わせてちょうだいな」と言われていたので、
この日、エアが居るところに来てもらった。

何やら誉められてるのか貶されてるのかよく判らなかったが、
「こんなの」扱いしながらも「幸せになって」と祝福された。

この時はまさか夜にあんな形で再会することになろうとは、
俺もアズも、そしてエアも予想してなかっただろう。

その夜の事。
ラボに出かけるエアを見送り、俺は部屋の掃除を始めた。
暫くするとルークから念話が入ってきた。

「エアが…」

とにかく急いでラボに来てくれと言う。
その言葉の雰囲気に「ただ事ではない」と感じた俺は、
戦闘装備に着替え、ラボへと向かった。

ラボにはルーク、ヴィネル、デヴィル、
そして腰と足に傷を負ったエアがいた。
「黒水」とかいう奴に傷を負わされたらしく、
一見するとさほどの出血も無く大したことは無いように見えたが、
処置を施したデヴィル曰く
「呪詛による傷であり、30分と経たず死に至る」との事…。
そして、サバス級のネクロマンサーでしか解呪は不可能とも。
しかし、当のサバスは不在…。
俺は動揺し、いい案が何も浮かばない。
その時、ルークが言った。

「アズ…、アズラエルなら…」

~続く~

テーマ : Ultima Online - ジャンル : オンラインゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lsh.blog14.fc2.com/tb.php/39-9ef703ad

 | HOME | 

Counter

Calendar
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リラックマ

Link
Search
RSS